カテゴリー別アーカイブ: 弁護士相談

総量規制があるキャッシング会社

主婦の方は旦那さんの給料だけでは家計のやりくりが大変なので、パートやアルバイトで収入を得て家計を助ける人もいます。
しかしそれでも急に子供が病気になったりすると、まとまったお金が必要になるので金融業者からキャッシングすることもあります。
主婦の方はキャッシングの申し込みができないと思っている人もいますが、主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があれば申し込めます。
ただし消費者金融などでは、総量規制がある関係で年収の3分の1までしか借りれないのでよく自分の年収を確認しておくことが大事です。
収入がまったくない専業主婦の方は、総量規制のある消費者金融などでは申込めない所が多いです。
専業主婦でも申し込める消費者金融もありますが、配偶者の同意書や収入証明書が必要になります。
銀行では総量規制がないので、専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明書がなくてもキャッシングの申込みができる所が多いです。
しかし専業主婦の方は借入額も少なくなることが多いので、良く確認してからキャッシングの申込みをしましょう。

闇金に恐怖を感じたら誰かに相談を

どこからもお金を借りることができなくなってしまった時に、お金を貸してくれる闇金というのはその瞬間は救世主のように感じられるものです。
しかし、実際にはそのようにみえるだけで恐怖の対象に変わってしまうというのは、時間の問題だといえます。

返済をすることができれば特に闇金といえども恐れる必要はありませんが、通常ではお金に困って困って最終的に行き着く場所ですから、そのような状況で超高金利のお金を借りてしまえば返済をするということは容易なものではありません。
そのため、結局返済をすることができずに激しい取り立てを受け身の危険を感じてしまうといったことが起きてしまうことが多いものですが、そのような時にはとにかくまず誰でもいいので相談をするところから始めるようにしましょう。
周りに知りあいであったり、警察であったり、無料の法律相談など一人で思い悩まずに誰かに相談をすることによって闇金の恐怖から逃れる糸口を見つけることができるのです。

弁護士に闇金の相談して債務整理するしかない?

syakkinzigoku

ちょっと今、うちの母が荒れています。
っていうのも、叔父(母の弟)が闇金でお金を借りていたことが発覚して
家族を巻き込んで大会議ってなってるからです。
叔父は母とは歳のかなり離れた末っ子長男っていうことで、家族中に
甘やかされて育ったような人なんですけど、まさか借金問題を起こすだなんて
思っても見なかったんですけどねぇ…。
今回もまた祖母がお金を払うから…ってことで問題を終息させようとしたところ
今までは黙っていて意見することなんてなかった叔父嫁が
「借金をするのは初めてではない、これで三度目だ。
反省も後悔も見えないからもう離婚する」
って言い出して大騒ぎってわけですよ…。
うちの母にとっては可愛い弟なわけですけども、ことがことだけに
あんまり庇うこともできないわけで、それで荒れているってわけですね。
闇金と聞いて最初は驚きましたが、三度目ってことはたぶん、もう
他のところからは借りられなくなってしまうくらい借金してしまったんだろうな。
そういう他ではもう借りられない人を取り込むっていうのがヤミ金手口ですからね。
超高いはずの利息を覚悟して(というかそこまで深く考えずにかもしれませんが)
それでもお金を借りたいって人の受け皿ですね。
これまでに2度借金問題があったときは叔父嫁が貯金から支払ったそうなんですけど
さすがに仏の顔も三度までってことでもう許せないんだそうです。
そりゃそうだよね…っていうか、借金問題は本人が借金返済をしないと
また同じように借金を繰り返すっていうのは本当のことだったんだなぁって思っています。
とりあえず、表立って弟の味方をできない母は闇金対策の得意な
弁護士事務所を調べてそれに相談にいくように叔父を説得する方向のようです。
ただ、私個人的には母にはできれば関わらないでいてほしいんですよねぇ。
だって、もし、これで叔父が離婚したとして、たぶん、そんな理由で離婚なんて
もう高校生の従兄弟たちでもたぶん母親のほうについていくでしょうし、
嫁にも子どもにも見放された叔父が将来、姪である私に擦り寄ってくるっていうのは
目に見えていることですからね…。
なんで闇金利用者の老後の面倒を見なきゃならないのかってかんじですよ。
もし、闇金案件の得意な弁護士なり司法書士なりが見つかって
債務整理しても、自己破産とかしちゃうわけでしょ?
そんな人とは極力関わりたくないですし、
母にも交流してほしくないって思ってもおかしくないでしょう。
闇金融対策相談SOSで確認した弁護士に相談するしかないですね。

闇金の手口を知る事で対策が出来る

闇金は怖い…世間一般にはそういうイメージで捉えられていますよね。
しかし、怖いイメージが定着していると、どんなにお金を借りたいと思っていても
闇金業者だけは避けよう…と、消費者に思われて利益にならないわけです。
なので、最近はそういったヤミ金のイメージを払拭したヤミ金業者が登場しています。
基本的には明るくてクリーンなごくごく普通の一般の消費者金融を
装っていて、すぐに融資してくれたり、相談にのってくれたりと
対応などは普通の消費者金融以上のところもあるというから驚きです。
しかし、これは闇金の手口であって、決して安心してはいけません。
もちろん、取り立てについてもこれまでの闇金のように暴力的な
取り立てをすることは少ないのですが、その半面、利息分だけでいいから…
などと優しく諭してヤミ金融の利益を確保するわけです。
もちろん、利息分の支払いだけでは元本が減ることはありませんから
返済終了することがなく、継続的に利息分の収入を続けていくことがヤミ金業者の目的なのです。
元本を回収するよりもそちらのほうがおいしい…というのも闇金が闇金と
呼ばれる所以である、高金利はやはりそのままだからです。
正規の消費者金融の利息の数十倍~100倍を超えるところもあるのですが
少額利用の場合だと、たとえば、2万円を借りて利息は月1万円…くらいだと
利息としては高すぎなわけですが、金額的にはまあ、用意できないこともないかなと
思わせる程度の金額になるので、ついつい借りてしまう人がいるのです。
もともと、数年前に貸金法に総量規制が導入されたことが原因で
定期的な収入のない人は全く消費者金融を利用できなくなり、また
定期的な収入があっても年収の3分の1までしか借りれないために、
すでにそれ以上借りていた人たちが正規の貸金業者からお金を借りることが
できなくなってしまったため、そういう人たちの受け皿として闇金の勢力が
拡大していくことになってしまったのです。
もちろん、総量規制自体は多重債務を抱える人を少なくしようという目的の
ために導入された制度ではあるのですが、法律で守られる範囲外に本当の
貧困者・生活弱者を追いやる結果になってしまいました。
当然、違法なヤミ金融の取り締まりはされてはいますが、
イタチごっこの様相で、なかなかすべてを撲滅という道は遠いようです。
当然、そういった違法な闇金業者には最初から関わらないことが
最も簡単な自衛方法になりますので、お金に困ったら
闇金でお金を借りる前に行政などへの相談をしておくべきだと思います。